【就活】大きな会社に入るメリット

ビジネスを優位に進めるには「他が真似出来ない事」を行うべきです。ただ、そんな物世の中に多くありません。大企業

  • 規模と経験を兼ね備えた競争相手(コンペチター)が少ない。
  • 給料が比較的高い
  • 終身雇用が残っている
  •  
  • 高い専門性に触れられる
  • 転職時の評価が高い

競争相手が少ない

競争相手が多ければ多いほど、競争は激化し利益が得にくくなります。逆に会社規模が大きくなればなるほど大規模な投資が出来、他が真似出来ないような物が作れます。更にビジネスを続けることで貴重な経験が積み重なり、もっと真似しにくくなります。自動車産業が儲かることは判っているのに参入が増えないのはこのような理由です。

給料が高い

競争力のある仕事を持つことから収益も良く、比較的高い給与がえられます。

終身雇用が残っている

社員を解雇するためには、「会社の経営に大きな影響がある場合に限る」と法律で決まっているのですが、判断基準も不明確で罰則もありません。なので、中小企業や外資系の企業では容赦なく人員整理(解雇)が行われます。大企業で出来ない理由は、「株式上場」や「規制緩和」など国が影響力を持つメリットを沢山受けていて、国の考えに反する行動をとりにくいことが理由です。

高い専門性が得られる

資金力もあり開発、設計、製造、販売のすべてで先端手法を検討し続けるため、高い専門技術に触れることが出来ます。

転職時の評価が高い

転職(中途採用)で重要視するのは前職の経験です。専門性、リーダーシップなど評価する時に、名の知れた会社の方が有利です。同じ大企業に転職する場合は、これまでと似た成果が期待できますし、下請けを扱った経験があれば中小企業でマネージメント職も期待できます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました