【就活】起業のメリット

成功すれば直接利益が得られる”企業”は魅力的に見えますが、思ったほど簡単ではなく、失敗に終わる人の方が多いです。

ビジネスと言うのは多岐に渡る知識が必要です

  • 他にないアイデアや機能(他との差別化)
  • 販売経路または注文をくれる顧客
  • 製造(サービス提供)に必要な設備投資資金

多くの個人事業主はこれらを親や修行先から受け継いでいます。よほど才能がないとゼロから立ち上げるのは不可能です。良いアイデアを持っていたとしても顧客が定着する前に資金が切れてしまいます。

もう一回周りを見てみましょう。医者、税理士、政治家などどれも親の七光りで成功します。利益を増やすためには、ビジネス規模を大きくする必要があり、大きくなればそれを維持するために、ヒット商品を出し続ける必要があります。多くの飲食店が長続きしないのは、拡大後に飽きられてしまうからです。

基本はセンスだと思います。成功するタイプの人は大学在学中にビジネスを試した経験を持ちます。卒業後いきなり企業を考える人は、定年後に突然居酒屋を始めるオジサンぐらい無謀で計画性が無く思えます。

だからと言って、成功しそうなベンチャー企業に加わるのは更にダメな例です。他でも述べましたが、ベンチャーで受益するのは創業メンバーで、他は単なるワーカーです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました