【就活】会社のヒエラルキー

大きな産業はピラミッド構造を持ち、階層(ヒエラルキー)があることを理解してほしい。

頂点にいるのは、上場している名のある会社で、2番手はその子会社です。地方で賃金形態を変えるために、別会社を作るのです。3段目が、部品や材料を供給する会社や、委託開発を受ける会社。そして末端は3段目の会社へ人材派遣する会社です。

大事なことは責任も頂点に行くほど高く、権限も大きい

「責任の無いところに権限はない」(大事な考えです)

そして、社会人の能力は”経験”です。上位に行けば行くほど給料が高く、転職しやすいのはこのためです。

私が思う「担当業務の偉い順」言います

  1. 商品をクリエイトする人 (開発者、経営者)
  2. 資金を出す人 (オーナー)
  3. 顧客を見つける人(セールス)
  4. 商品を具現化する(エンジニア)
  5. 言われた通り作る人(オペレーター、プログラマー)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました