【就活】技術面接のポイント

技術面接の正体

理系の場合、最終面接付近で「技術面接」が行われる理由は、実際に配属される部署の管理職に確認させることによって、採用ミスを配属先に転嫁するためです。なので、大きな会社でも採用されると面接官のいる部署に配属されるケースが多いです。

技術官の目的

面接官をやる様になって、自分が面接された30年前を思い出して分かったことは、高い技術を持つか知りたいわけではなく、基本的な知識とコミュニケーション能力を試しています。そもそも「技術」ってものは、「知識」と「経験」で出来ていて、学生に期待すべきものでは有りません。将来技術を持てるかどうか見ています。

面接で聞かれること

修士であれば事前に研究テーマの資料が配布され、それに沿った質問を用意しますが、学部卒の場合はそれも無く質問内容を絞りにくいのですが、言えることは、質問する側も万能になんでも詳しく知っている訳ではないが全般的に知識はあるので、相手に合わせてとても基本的な事を聞いてきます。学校の試験と違うのは、答えだけ覚えていれば良いわけでなく説明能力が問われることです。

会社でトラブルが起きると、その原因を分析するために「なぜなぜ3回!」という分析法があります。そのノリでどんどん問い詰めてきます。なので、

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました